2010年03月25日

高杉晋作の遺品展示、下関市議会委「了解必要」(読売新聞)

 山口県の下関市議会文教厚生委員会は18日、幕末の志士、高杉晋作の遺品などを展示する東行記念館の管理運営業務について審議した。

 遺品を巡る訴訟が起きたことから、新年度一般会計当初予算案に盛り込まれている管理運営費850万円は、高杉家から改めて遺品を展示することへの理解が得られるまで、執行を認めないことを決めた。

 遺品を巡っては、宗教法人東行庵が9日、萩市と晋作のひ孫の男性(77)(東京都三鷹市)を相手取り、萩市が保管する遺品69点の返還などを求め、山口地裁下関支部に提訴している。一方、市は遺品158点が残る記念館の改修を進めており、学芸員1人を配置し、新年度からは市が管理運営する施設として、東行忌(4月14日)の開館を目指している。

 委員会では、「トラブルが起きているところに、公金を出すのはいかがなものか」などと慎重な対応を求める意見が相次いだ。

 さらに、2008年9月、高杉家の了解を得て、遺品69点を萩市の萩博物館が、158点を記念館が管理することで、下関、萩市と東行庵が合意したと発表したにもかかわらず、訴訟に至ったことについても疑問の声が上がった。

 これに対し、中尾友昭市長は、ひ孫の男性に対し、改めて記念館で市が遺品を管理、展示することの了解を得て、市議会に報告することを条件に、予算案を認めるよう提案。委員会はこれを了承した。

 4月14日の開館までに時間がないため、市教委は「早急に市と高杉家との信頼関係を確認できるよう努めたい」と話している。

名護市で米軍車両が追突逃走、子供2人けが(読売新聞)
高検検事が盗撮容疑 名古屋、書類送検(産経新聞)
<黒澤明財団>伊万里市が支援確約書 設立時、佐賀県に提出(毎日新聞)
結果次第で見直し?6月までに子ども手当試算(読売新聞)
未発見の密約関連文書「在任時に確認」証言へ(読売新聞)
posted by イソザキ エイコ at 00:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

<シー・シェパード>捕鯨船を実況見分 容疑者立ち会い(毎日新聞)

 南極海で調査捕鯨船監視船「第2昭南丸」に反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」のメンバーが侵入した事件で、東京海上保安部などは13日午前、横浜港に係留している同船で、艦船侵入容疑で逮捕したSS抗議船「アディ・ギル」号船長でニュージーランド人のピーター・ベスーン容疑者(44)立ち会いの下、実況見分を始めた。

 逮捕容疑は2月15日午前9時ごろ、南極海で水上バイクから、防止ネットをナイフで切って船内に侵入したとしている。調べに対し容疑を認めており、海保は侵入経路などを船上で確認する。酪酸を投げて船員を負傷させた傷害容疑などでも立件する方針。【池田知広】

【関連ニュース】
シー・シェパード:今後の展開に不安の声も 船長逮捕
シー・シェパード:「被害者を逮捕」と団体代表が非難
シー・シェパード:メンバーの男を艦船侵入容疑で逮捕
シー・シェパード:監視船侵入のメンバーに逮捕状 海保
調査捕鯨妨害:「昭南丸」侵入容疑で拘束の男逮捕へ 海保

幹細胞で歯茎再生=培養・移植で成功−広島大(時事通信)
学士院賞 iPS細胞研究の山中氏ら11人に(毎日新聞)
<エレベーター事故>運輸安全委に昇降機部門新設(毎日新聞)
<社民・国民新>与党間「調整機関を」 民主に申し入れ(毎日新聞)
<チリ大地震>津波注意報で避難10%…海岸から1キロ内(毎日新聞)
posted by イソザキ エイコ at 19:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

<地下鉄サリン>遺族が関係者取材、映像に 20日で15年(毎日新聞)

 地下鉄サリン事件で夫を亡くした高橋シズヱさん(63)が、被害者や捜査にかかわった人たちをインタビューした記録映像が13日、「地下鉄サリン事件から15年のつどい」で上映される。「地下鉄サリン事件被害者の会」代表世話人として、いつもは取材される側の高橋さんだが、「事件を知らない若い人たちに何が起きたか伝えたい」と自ら11人を取材し、ビデオ映像に残した。【山本浩資】

 事件は95年3月20日朝に発生。営団地下鉄(現東京メトロ)霞ケ関駅助役だった夫一正さん(当時50歳)は勤務中にサリンを吸って亡くなり、高橋さんは被害者救済を求めて活動してきた。被害者や遺族に国が給付金を支払う「オウム真理教犯罪被害者救済法」が08年12月に施行されたこともあり、これまでの道のりを関係者の証言で伝えようと思い立ち、昨秋から取材を始めた。インタビューしたのは、遺族や被害者のほか、当時警察庁長官だった国松孝次さん、被害者が運ばれた聖路加国際病院の救急医だった奥村徹さん、警察庁の犯罪被害者対策室長だった太田裕之さん、前検事総長の但木敬一さんら。

 被害者は何を要望し、関係者はどのように受け止めたのか……。ずっと感じていた疑問や次代に語り継ぐべきことを考えながら質問した。事件で娘を失った遺族への取材では、一緒に涙を流した。

 「当時の法律では被害者救済はおろか、捜査にも縛りがあった。歯がゆい思いをしていたのは私たち被害者だけではなく、法律を一つ成立させることがどれほど大変かと実感した」と取材を振り返る。映像は20時間にも及び、悩みながら約1時間に編集した。高橋さんは「被害者の言葉で紡ぐと重たい話になるが、被害者以外の客観的な言葉は誰もの心に受け入れられると思う。一人でも多くの人に見てほしい」と話している。

 ◇13日に日本プレスセンターホールで

 「地下鉄サリン事件から15年のつどい」は13日午後1時、東京都千代田区内幸町2の日本プレスセンターホールで開かれる。入場無料。

【関連ニュース】
地下鉄サリン事件:15年経てドラマ化 原田美枝子「被害者の苦しみ伝えたい」 フジテレビ
忘れない:『事件』と『逃亡』二重の行為 苦しみを増幅(地下鉄サリン事件)(1/2ページ)
地下鉄サリン事件
迫る時効:警察庁長官狙撃事件/下 「指揮に迷い」 捜査員に疑心
迫る時効:警察庁長官狙撃事件/中 段ボール3箱、元巡査長の「供述」

センバツ「振り込め」注意、出場校OBに不審電話(読売新聞)
人件費、3000億円上昇も=郵政の正社員化で−亀井氏(時事通信)
<ハイチ地震>PKO陸自技官、国連事務所を耐震診断(毎日新聞)
問われる歴代政権の姿勢=信頼回復が急務−密約(時事通信)
鶴岡八幡宮 大銀杏を植え直し 幹を切断、根の再生に期待(毎日新聞)
posted by イソザキ エイコ at 01:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。