2010年01月22日

<米アラスカ湾>20年前の原油残存 タンカー座礁で流出(毎日新聞)

 米アラスカ湾で89年に起きたタンカー「エクソン・バルディーズ号」の座礁で流出した原油が、今も沿岸に残っていることが、米テンプル大の調査で分かった。原油を分解しにくい地層の存在が原因だが、同様の地層は北極圏を中心に各国の沿岸に存在するという。研究チームは事故防止と復旧の対策作りを急ぐよう呼びかけている。17日付の英科学誌ネイチャー・ジオサイエンス(電子版)に論文を掲載した。

 事故では、原油4000万リットル以上が流出、アラスカ沿岸約2000キロに漂着した。生態系や漁業への影響が大きく、米国史上最悪の海洋汚染とされる。当初は除去作業や微生物による分解で、数年後に原油はほぼ消えると期待されていた。しかし、沿岸の一部で原油が残存しているのが見つかり、米テンプル大は昨年までの3年間、原油が漂着した湾内のエレノア島の沿岸12地点を調査した。

 その結果、原油を分解する微生物が生存するのに必要な酸素や養分の量が通常より10分の1という層が地表近くに存在し、原油の「貯蔵庫」が形成されていることが分かった。

 アラスカ南部では海岸線のほぼ半分がこうした特徴を持つとされ、残存している原油は約7万6000リットルに上る可能性があるという。

 研究チームは「温暖化で北極海の氷が減り、周辺海域を航行するタンカーの増加も予想される。事故の再発が憂慮され、対策が急務だ」としている。【田中泰義】

【関連ニュース】
調査捕鯨:調査船と抗議船が衝突
シー・シェパード:抗議船、油流し南極海を漂流
フェリー:三重県沖で急傾斜、座礁 28人全員救助
[PR]エッ!あのマーフィー岡田がこんなものまで実演販売?≫動画公開中♪

石川議員逮捕 小沢氏の進退焦点 鳩山政権最大の危機(産経新聞)
日航CEO就任を受諾=稲盛氏(時事通信)
<雑記帳>ガルシアさんが名古屋市長を表敬(毎日新聞)
子ども手当支給で内閣支持回復…民主・山岡氏(読売新聞)
雑誌100タイトル配信 不況打開へ実験サイト開設(産経新聞)
posted by イソザキ エイコ at 22:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。