2010年02月06日

鳩山首相にリーダーシップ賞 インド(産経新聞)

 インド・ニューデリーで開かれているデリー持続可能な開発サミット(インドの資源エネルギー研究所主催)で5日、温室効果ガス排出量の25%削減目標を掲げるなど気候変動問題でリーダーシップを発揮したとして、鳩山由紀夫首相に「持続可能な開発リーダーシップ賞」が贈られた。鳩山首相は授賞式にあてたビデオメッセージで、「自分の受賞は気候変動問題に真剣に取り組もうとするすべての国のリーダーへの激励のメッセージである」と述べた。同賞は、2005年以降、持続可能な開発に関して顕著な貢献を行った指導者に贈られるもので、これまで国連の潘基文事務総長などが受賞している。(ニューデリー 田北真樹子)

【関連記事】
普天間で首相「覚悟読み取って」 5月末の理由を説明
不起訴で「盛大な前夜祭」 民主党内の軽薄さと重苦しさ
政治責任を改めて問う 国会は証人喚問で疑惑解明を
鳩山首相「検察は公正に判断」 幹事長続投も明言
鳩山首相、小沢氏の監督責任「よく分からない」

土壁塗りに小学生挑戦 練馬区立池淵史跡公園(産経新聞)
<協会けんぽ>10年度の保険料率大幅上昇、地域格差も拡大(毎日新聞)
<高速道路整備>あり方議論の検討会を設置 前原国交相表明(毎日新聞)
「いきなり府市解体」大阪市長が橋下構想に疑問(産経新聞)
福知山線事故 当時の支社長ら「不起訴不当」の議決(産経新聞)
posted by イソザキ エイコ at 12:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

隠し金?豪雨被災「萩往還」から銅銭ザクザク(読売新聞)

 昨年7月の集中豪雨で被災した山口市上天花町の国指定史跡「萩往還」の復旧工事現場から、江戸時代の通貨「寛永通宝(かんえいつうほう)」など銅銭316枚が見つかった。

 山口市教委は「当時の往還のにぎわいを知ることができる貴重な資料。復興のシンボルになれば」と話している。

 市教委文化財保護課によると、発見されたのは、わらのひもを通した束になった「銭さし」の計76枚のほか、寛永通宝235枚、7世紀以降の中国産の銅銭5枚。豪雨によって崩壊した路肩の整地作業を行っていた市内の造園会社の作業員が昨年11月8日、地下1メートル付近の土中から見つけ、市教委に報告した。

 同課では、現場が山あいで周辺に人家や寺社跡がないことなどから、備蓄目的や儀式用だった可能性は低く、萩往還の通行人が落としたか、一時的に隠したものではないかとみている。

 調査した同課の佐藤力主査は「史跡が被害を受けたことは残念だが、結果として銅銭が見つかった。どんな人が落としたのか想像するのも興味深い」と話している。

 市教委は3月16日〜5月9日、同市歴史民俗資料館で出土した銅銭を展示する。入館料は小中学生50円、高校生以上100円。原則毎週月曜は休館。

<インフルエンザ>患者は8週間ぶりに増加(毎日新聞)
<医療事故>動脈傷付け女性死亡 愛知県がんセンター(毎日新聞)
「帰化で対応を」=外国人参政権付与に反対−亀井担当相(時事通信)
<東海道新幹線>架線切れ3時間半不通…15万人に影響(毎日新聞)
会社員への結婚詐欺で起訴=木嶋容疑者、470万円詐取−連続不審死(時事通信)
posted by イソザキ エイコ at 01:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。